わかば通信 2022年6月号|介護施設にて音楽レクを行ないました 

サイト内検索浜松市のホームページ制作・スマートフォンサイト・高機能CMSサイト管理画面

トップページ > お知らせ > わかば通信 > わかば通信 2022年6月号|介護施設にて音楽レクを行ないました

 お知らせ 

わかば通信

2022年06月14日

わかば通信 2022年6月号|介護施設にて音楽レクを行ないました

介護施設にて音楽レクを行ないました

初夏のコンサート
いつもと違う職員の衣装
デイケアでは「初夏のコンサート」と称し、職員によるウクレレ などの楽器演奏、『涙そうそう』や『憧れのハワイ航路』等 夏らしい曲を皆さんで歌いました。
普段とは雰囲気の違う職員の衣装も好評でした✨

紅白歌合戦です
紅白歌合戦
デイサービスでは職員と利用者様を交えた「紅白歌合戦」を行ないました。感染対策を講じた 上で、お好きな曲をカラオケで歌って頂きました。
久しぶりのカラオケを、皆さん楽しまれたご様子でした🎵



新入職員コミュニケーション研修

新入職員が入職して約2ヵ月間経過します。少しずつ職場に慣れ、 業務を覚えつつあるようですが、新しいことを行うたびにまだまだ緊張 することも多いようです。

このコミュニケーション研修は、全て「体験学習」で行われます。
「体験学習」とは、ただ頭で理解するだけではなく、その体験の過程 の中で、何に気づき、感じ、そして行動し、自他を理解して、自分自身 の変容を促すことを目指していくものになり、その人それぞれが感じ、 考えたものが学びになります。成功、失敗を含めて「経験から学ぶ」 ことは今後、社会人として仕事をしていく上でとても大事です。

研修のテーマは、「話す」、「聴く」、「みる」、「価値観」と、 人とのかかわりの中でとても重要な要素を学びました。
この学びを一つの糧に、普段の業務の中で患者様に寄り添える よう活かしてもらいたいと思います。

研修中のスタッフ


「話す」をテーマに、 自分の言葉で一生懸命 伝えようとしています。

< 新入職員の感想>
・大学でもマナー研修として近いことを行ったが、今回の研修ではより「相手とどうコミュニ ケーションをとっていくことが大事か」を知ることができた。
・コミュニケーションとは何なのかを改めて学べました。話すこと、聴くこと、思いやり、観る こと、価値観等、自分に足りない事、逆にできていると感じたことを知るきっかけになりました。
・同期の人たちと仲良くなれて、今後話しやすくなると感じました。すごく楽しかったですが、 脳が疲れました。

 

リハビリテーション部 松下太一


その他の更新情報

一覧へ

新型コロナウイルス感染報告(第3報)
新型コロナウイルス感染報告(第3報) [新型コロナウイルス] NEW

北斗わかば病院より、新型コロナウイルス感染症に関する重要なお知らせです。


新型コロナウイルス感染報告(第2報)
新型コロナウイルス感染報告(第2報) [新型コロナウイルス] NEW

北斗わかば病院より、新型コロナウイルス感染症に関する重要なお知らせです。


新型コロナウイルス感染報告(第1報)
新型コロナウイルス感染報告(第1報) [新型コロナウイルス]

北斗わかば病院より、新型コロナウイルス感染症に関する重要なお知らせです。

食レクを行ないました
食レクを行ないました [行事・レクリエーション]

介護施設では食レクを開催しました



デイサービス 通所介護
デイケア 通所リハビリ
月〜土曜・祝日の営業もおこなっております。
通所リハビリ・通所介護

お気軽にお問合せ下さい。

利用体験、見学ができます
利用体験の案内

通所介護、通所リハビリテーションを体験できます。体験時間はご希望に添います。
費用はかかりません。

見学の案内

通所介護、通所リハビリテーションの見学をお受けしています。

事業計画及び財務内容の公開

医療法人社団 三誠会の事業計画や財務内容を公開しています。当会に於いて閲覧可能です。財務課にて対応致しますので受付窓口にお申し出ください。

お問い合わせ先
北斗わかば介護施設053-580-3501
担当 小出 弘寿

お問い合わせ

TELTEL053-580-3501
FAXFAX053-580-3511
医療法人社団 三誠会
北斗わかば介護施設
担当:施設長 小出 弘寿
住所:
静岡県浜松市浜北区於呂3181番地1
詳細はこちら
北斗わかば病院